エディケア

エディケアに副作用はあるのか?

エディケアに、副作用はあるのだろうか…。

 

誰もがきっと飲む前に気になることだと思います。

 

こちらの記事では、エディケアの副作用についてお話していくことにします。

結論から言うと、エディケアは薬ではなくサプリメントなので、副作用はありません。

 

 

ED改善効果のあるエディケア。

 

ED改善というと、「バイアグラ」をパッと思い浮かべるかもしれませんね。

 

バイアグラは医薬品なので、すぐに効果も出ますが、一方で副作用もあります。

 

バイアグラの副作用としては、体が熱くなる、目が赤くなるといったものがあります。

 

しかも、勃起薬というのはただ勃起させるだけですので、気持ちよい性行為ができるというわけではないのです。

 

ペニスに血を集めて勃起させているという感じで、そのときにどうしても勃起させたい場合には便利なものでしょう。

 

 

反面、エディケアはサプリですので、バイアグラのような即効性はありません。

 

ゆっくりと体の中から勃起力や精力を回復させてくれるものなのです。

 

 

しかし、すべての人にエディケアの副作用がないというわけではありません。

 

心臓に病気のある方や肝疾患を患っている方は、飲むことができないんですね。

 

また、まれに下痢や胃の痛みを感じる場合があります。

 

これは、体にエディケアが合っていないということなので、服用はすぐに中止するようにしてください。

 

そして、あまりにも症状がひどいときには、医師の診察を受けましょう。

 

 

なお、エディケアには、ピクノジェノールという成分が入っています。

 

これは松から採れるものなので、松アレルギーがある方は体のかゆみが出てしまいます。

 

それでも、松アレルギーにさえ気をつければピクノジェノールは安全な成分と言えますので、過度に心配する必要はないでしょう。

 

アルギニンも摂取をしすぎると下痢を引き起こす可能性がありますが、エディケアに配合されているくらいの量では問題とはなりません。

 

 

ちなみに、エディケアは日本製のサプリですので、その部分も安心できる点と言えるのではないでしょうか。

 

 

このように、エディケアは、副作用は気にしないで飲むことのできる精力剤と言えます。

 

ただ1つ注意点は、服用の規定量は守るようにするということです。

 

エディケアは、1日に6〜12粒飲むものですので、決して12粒以上は飲まないでくださいね。